• トップ
  • 会社のテレワーク状況について

雄you遊

121号

特集

会社のテレワーク状況について

CAD部 部長 川村 香織

2021/01/01

 緊急事態宣言中、当時CAD部員は総勢17名。うち本店勤務6名、現場常駐9名、育児休暇2名でした。本店勤務は私以外全員テレワーク。現場常駐組は交代制、もしくは週1・2回出勤で対応していました。9月に入り3密回避のため、本店勤務を5名とし交代でテレワーク。10月からは横浜支店をサテライトオフィスとして2名勤務しております。
 業務内容は本店勤務時と同じ(総合図、施工図、竣工図作成)です。作図指示はSkype、Trelloを利用しています。朝と帰りの挨拶はSkypeでグループを組み電話にて対応しています。最近は部会や講習をSkype電話(カメラ無)にて行っています。画面の共有をしながらチャットもできるので講習時の質問など、対面時にはなかなか言えなかったことが言いやすくなったと聞いています。図面の説明、CAD操作も画面共有することで問題をクリアすることができました。サテライトにおいては横浜支店の協力のもと本店と変わりなく業務ができています。副長を置くことにより作図指示、チェック等不自由なく遂行できています。
 サテライトに関してはコロナが終息しても続けていきたいです。他の支店でも。テレワークに関しては、A3プリンターと快適な通信環境が今後の課題ですが、子育てや介護の面から今後どんどん取り入れていければと思っております。
自宅にてテレワーク 横浜支店内のサテライトオフィス
 
テレワークの良い点 テレワークの悪い点 サテライトの
人との接触が避けられた。
通勤時間が減った分有効に使える。(子供との時間が増えた。家事に余裕ができた。睡眠時間が増えた。体が楽になった。)
急な仕事がきても自宅なら対応可能です。(急な残業は保育園に子供を預けていると難しいので・・お迎え後・休日に対応できる)
服装を気にしないで作業できた。
プリンターがなく紙での作業が困難でした。
社内に長時間アクセスできないことがあった。
電話をかけていいのか迷い、質問がチャットなどが多かったのでもう少し電話をすればよかった。
竣工図作成していたのですが、インク代が高かったり、インクが切れてしまったりと打ち出しての確認がなかなかできず、画面のみの確認となってしまっていた。
テレワーク中、現場と連絡をとるときに自分のスマホ(LINE電話)で連絡等とっているので、CAD部も在宅の時は携帯の支給等の対応が欲しいです。
良い点
通勤時間の短縮。勤時のストレス軽減。
テレワークと違い、直接質問ができる。

悪い点
改札付近の人混み。
 

ページの先頭へ戻る

投稿一覧