• トップ
  • 人生の転機半世たっての今後

雄you遊

120号

リレーエッセイ

人生の転機半世たっての今後

第一工事本部 工事長 栗島 昭光

2020/10/01

 今年とうとう50歳、おめでとう。半世紀は長かった?と息子に言われて、生まれてから半世紀を超えて生きてきたんだと思い至りました。ふとこの頃、白髪が増えてきたように感じます。
 今まで「趣味は?」と聞かれると、仕事です、と答えることしかなかったと思います。いつも慌ただしく、これといった趣味もないまま現在に至りました。強いて挙げられる趣味といえば、ゴルフでしょうか。みんなで楽しくできると思って始め、はや20年が経ちましたが、なかなか上達できませんでした。少しでもうまくなりたいと思いながらも、とにかく楽しくゴルフをプレーすることをモットーに取り組んできました。


 そんなある日のこと、自宅で突然、息子がエレキギターを弾いてるのを見たのです。なぜかふと、私も弾いてみたいという気持ちになり、ちょっと借りて試しに弾いてみました。すると思いの外難しく、この時、ギターに対する興味を抱いたように思います。内容はともかく、ギターを弾いている息子の姿は非常にかっこよく、見よう見まねで私もがんばっています。現在はドレミファソラシドを奏でるのが精一杯ですが、今後はギターコードを覚えていき、簡単な曲を披露できるようになりたいと思っています。
 将来的には息子二人と3人で、ファミリーバンドを組み楽しめたらと思っています。


 

ページの先頭へ戻る

投稿一覧