• トップ
  • S E R I E S 17 初めての現場担当を終えて

雄you遊

119号

特集

S E R I E S 17 初めての現場担当を終えて

2020/07/01

誰しも初めて一人で現場を担当した時のことは一生忘れられないことだと思います。
そこで、振り返っていろいろ語ってもらいました。



仲間に視られて、いい緊張感が生まれました!

入社6年目
第二工事本部

池田 将志
初めてのひとり現場概要
物件名:(仮称)旗の台2丁目計画(ピアース旗の台)
工  期:2018年11月12日~2020年3月26日
工事概要:RC造/地下1階、地上10階(戸数:48戸)
電気設備概要:契約電力6kVA×40戸、契約電力 5kVA×8戸、共用電灯15kVA
動力設備:増圧給水ポンプ1台、排水ポンプ2組、
共用換気扇、ELV 一基

 

初現場は会社の近くですね?
 この現場は会社から30mほどの場所にあり、私の入社当時は、一般の駐車場でした。そこに10階建てマンションの建設看板が立てられ、しかもこの現場で自分が現場代理人をやることになるとは、という印象でした。今回は「初めての一人現場」という事で多少不安はありましたが、会社からは目と鼻の先の距離でしたので、何かあった時のフォローも期待しつつ頑張って挑戦しようという思いでした。
何が一番大変で、それをどう克服しましたか?
 現場がなかなか進まず、工程表とどんどんずれが生じてきて、それをどう調整していくか、日々頭を悩ませていました。各職の職長との打合せを頻繁に行い、普段から積極的にコミュニケーションを取るように心がけ、フレンドリーな関係を築きながら、なんとか乗り越えることに成功しました。
仲間の目があるので大変だったのでは?
 場所が会社の近くということもあって、毎日、当社社員が現場の前を通りますから常に見られているわけです。下手な失敗はできないという意識を持って取り組みました。緊張感を保ち続けたことにより大きな失敗がなったのは収穫でした。小さな失敗は、多少はありましたが、今は教えられません(笑)。
先輩からの言葉で、印象に残っていることは?
「低圧受電は器具付100%だからな」と脅されました。
「我ながら上出来!うまくいった!」ことは?
 内輪の話になってしまいますが、パットマウント用ハンドホール施工時期に、足場を組む前に早々と入れられたこと。何気ないことのように見えますが、当現場で一番のヒット案件だったと自分では密かに満足しています。
次の人に、メッセージを!
 今まで先輩たちがやっていたことの全てをやらなければならないので、とにかく時間が足りません。 うまく時間を作るために、材料や時間のかかる手配物などはとにかく先行管理。打合せをしっかり行い、打合せ通りに現場を進める・進めてもらう。最低限これだけやれれば大丈夫だと思います。


初めての現場担当、自己採点は 71点



一人は大変だけれど確実に成長できます。

【入社6年目】
横浜支店
水野 晴人
初めてのひとり現場概要
物件名:(仮称)相模原市西橋本1丁目計画新築工事
工  期:2018年10月31日~2020年3月26日
工事概要:RC造/、地上10階(戸数:122戸)
電気設備概要:受電設備、幹線・動力設備、電灯コンセント設備、電話・通信設備、テレビ共同受信設備、インターホン設備、自動火災報知設備、避雷設備、ITV設備、消火器設備
初めて現場に着いたときの印象は?
 2018年の10月、初めて現場に着いたときは、まだ杭打工事をやっている段階で、現場事務所もない状態でした。これからこの場所に1年半をかけてマンションを建てていく。本当に自分にできるのかと、やる気とともに、多少の不安を感じていたのも事実です。
何が一番大変で、それをどう克服しましたか?
 今まで全てのことを経験してきたわけではないのですが、今回も、共用部、外構工事など過去に担当したことのない工事があり、色々と困難な壁が道を塞いでいました。中でも、「労働災害は起こさない」事が大切と考え、毎朝のKYでしつこいくらいに立ち馬、脚立の適正使用の話をしました。また、夏場は熱中症防止のために塩飴をもって現場に行き、職人さん達に配るなど、自分なりの対策を考えました。
先輩や上司はあなたにとってどんな存在?
 先輩や上司には何度も助けてもらいました。共用部の仕上げ工事が遅れているとき、器具付けの工程を上手くまとめることができずにいたとき、上司が来てくれて器具付けの流れを決めてくださり、職人さんの協力を取り付けてくれ、何とか検査前に器具付けを終えることができました。
 その他の場面でも、先輩からは、何事も早め早めに先行してやること、とよくアドバイスをいただきました。また、施工は職人さんにお願いすること。職人さんはプロだから自分でいくら時間をかけて施工しても、職人さんがやったほうが早く、きれいに仕上がり、しかもミスがない!と言われたことが今でも印象に残っています。
現場での経験、次にどう活かしていく?
 工事をポイントではなく、流れで考えるようになりました。この工程があるから、今はこの工事をやる。この工事を先にやっておけば、後の工程が楽になる。段取りを考えながら効率の良い方法を自然と考えられるようになってきました。まだまだ知識や経験不足であり、自分自身不安な面もありますが、また一人で現場を担当させていただきたいです。


初めての現場担当、自己採点は 55点
 

一番頼れるのは自分だと思えれば大成功です!

【入社2年目】
東関東支店
溝部 将也
初めてのひとり現場概要
物件名:(仮称)千葉中央ホテル計画新築工事
工  期:2019年7月1日~2020年5月30日
工事概要:S造/10階建(部屋数:85部屋)
電気設備概要:幹線・動力換気設備、電灯設備、コンセント設備、弱電設備、非常放送設備、自動火災報知設備、避雷設備、TV共聴設備、受変電設備
初めて現場に入ったときの印象は?
 この現場は、駅に近く、人通りが多いため、搬入等が大変になるなと思いました。初めての現場代理人ということで、うまくやれるかと心配になったと同時に、今の自分の力でどれだけできるか精一杯やってみようという意気込みを感じていました。
何が一番大変でしたか。また、大きな失敗はありましたか?
 定例会議・分科会会議等で、初めて聞く建築用語がたくさんでてきて、これはまずいと思い、メモを取り、とにかく先輩や上司に遠慮無く聞きながら克服していきました。
 さらに、社内書類や消防書類等はじめて行う作業があり、こちらも、参考資料や上司に聞き克服しました。
 繁忙期に入り、変更になったことを職人さんに伝えきれず、施工を間違えたことがありました。すぐに上司、職長に相談をして、無事解決できたのですが、そのときの上司や職人さんの対応力のすごさに感動しました。
先輩からのアドバイスで、印象に残っていることは?
 すぐ答えを求めず、自分で考えることが大切だと言われたことが印象的でした。それまでは、上司や先輩達にどうすればいいか、答えをすぐに聞こうとしていたと思います。先輩は自分で考えることの大切さを優しく指導してくれました。私の将来を思ってくれてのアドバイスだと思います。
今回の経験は、次の現場にどう活かされますか。
 一人現場では、すべての事を一人でやらなければなりません。どうやったら仕事の効率を上げられるかなど、常に一歩先の工程を考えながら今の作業を行わなければならないなど、気の配り方をいろいろ勉強しました。原価等の管理も徹底しなければならないなど、トータルな視点から仕事を俯瞰するという事が経験できました。


初めての現場担当、自己採点は 55点
 

ページの先頭へ戻る

投稿一覧