• トップ
  • 「さっぽろ雪まつり」に行ってきました

雄you遊

118号

リレーエッセイ

「さっぽろ雪まつり」に行ってきました

会場で新型コロナウイルスに被患された方々の早期回復をお祈り申し上げます。

設計見積部 部長 茂 呂 修

2020/04/01

 雄・you・Fiveを利用して、1度は見物してみたかった冬の大イベント、「さっぽろ雪まつり」に行ってきました。後で知ったのですが、雪まつりに訪れた多くの方が新型コロナウイルスに感染したと聞き、自分は運が良かったと思います。被患された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 札幌には何度か訪れたことがありましたが、冬の札幌は初めてということもあり、寒さ対策を万全にして小雪の降る中、夜の雪まつり会場へと向かいました。
 1.5㎞に及ぶ大道会場、西1丁目テレビ塔のイルミネーションをめざし、雪まつり見物をスタートしました。3丁目の「白い恋人PARKAIRジャンプ台」で足を止め、しばしフリースタイルスキーを観覧。高さ24m、傾斜角39度からのジャンプは迫力があり、見ごたえ十分でした。7丁目の大雪像「ワジェンキ公園の水上宮殿とショパン像」では、地元のアイドルが冬の札幌極寒の中でミニコンサートを行っていました。気合の入った、半袖&ミニスカートに「若いってすごい・・・。」8丁目の大雪像では、「ウポポイ」のプロジェクションマッピングを体験。白い大雪像(シマフクロウ)に写し出される3D映像は、とても幻想的で感動的でした。(興味のある方は、「雪まつりプロジェクションマッピング」で検索すると見る事ができます。)
 

 大道会場から食事も兼ねてすすきの会場へ、そして氷の彫刻がメインの会場「クリスタルストリート」で記念撮影。夜の街すすきので、芸術鑑賞だけでなく、北海道の新鮮な幸やラーメンを堪能することができました。
 帰りの新千歳空港では、空港内にある温泉で疲れを癒してから帰路へ・・・といった具合に楽しい旅行でした。旅行先でスマートフォンを落としてしまい、せっかく撮った思い出の写真が消えてしまったのだけが・・・残念でした。






 

ページの先頭へ戻る

投稿一覧