• トップ
  • 長野県に行ってきました

雄you遊

116号

リレーエッセイ

長野県に行ってきました

第一工事本部 工事長 富永 直哉

2019/10/01

 夏の暑さが苦手な私は、盆休みに涼を求めて長野県に行ってきました。今回は涼を求めるのと、体を休めるのが目的だったのですが、日ごろの行いがよすぎる(笑)のか、全行程を通じてものすごくいい天気で、とにかく暑かったです。
 夫婦そろって人混みが苦手なため、一般にあまり有名ではない観光地をめぐることが多くなります。今回はそんな私たちの旅を紹介したいと思います。


 まず初めに、妙高戸隠連山国立公園の鏡池に行きました。平成27年3月に日本全国で32番目の国立公園として誕生したそうです。戸隠連峰が一望できる池で、水面にこの山並みが映り込むのがきれいな場所として知られていますが、私たちが行った日は風があり、水面が波立ってきれいな映り込みを撮影することができませんでした。この場所は、山並みが秋の紅葉や春の残雪がある時期が特にきれいだそうです。 


 次に、向かったのが、地獄谷・野猿公苑です。ここには野生の猿がたくさん生息しています。ここの猿は野生といっても人に慣れているため、目の前まで来てはくつろいでいます。この近くには天然記念物の地獄谷噴泉があり、公園内には猿用の温泉があり、冬にはこの温泉に入っている猿を目の前で見ることができるそうです。
 

 続いて向かったのが、北志賀高原。世界最大級の竜王ロープウェイに乗って標高1770mの山頂にて雲海を見る予定でした。条件が合えば山頂から一面の雲海を見ることができるのですが、この日はあまりに天気が良すぎて雲海どころか雲一つない晴天だったのです。
 最後は滝です。高山村の松川本流に懸かる滝で、落差が30mあります。滝の裏側からも見ることができるので、”裏見の滝 „とも呼ばれているそうです。裏から見る滝も迫力があってすごかったですが、下からの眺めが圧巻でした。 


 今回の旅は時期的に一番いいときではなかったので、それぞれのスポットで最高の眺めを得ることはできませんでしたが、自然をたっぷりと満喫したいい旅行となりました。皆さんも興味があればぜひ行ってみてください。

ページの先頭へ戻る

投稿一覧