• トップ
  • 雄栄会 第7次海外研修 オーストラリア

雄you遊

115号

行事

雄栄会 第7次海外研修 オーストラリア

視察期間:2019年4月16日(火)~20日(土)

2019/07/01



営業本部 副島 邦洋

 4月16日から4泊5日の雄栄会海外研修にて、雄栄会会長の海光電業(株)神山社長他、会員会社15名、社員15名の総勢30名でメルボルン、シドニーへ行ってまいりました。
 メルボルンは、1850年代にビクトリア州を独立した植民地とし、その後まもなく金が発見されたことによりゴールドラッシュとなり急速に発展した大都市です。物価は日本より高く水1本500㎖が250円程度。しかし国の定めた最低賃金は時給24豪ドル(約1800円)。高層ビルが建ち並び、建設中の建物も至るところで目にしました。
 メルボルンでは、昼間からワイナリーを2カ所巡回し、工場検査と品質確認を行い、私もシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズを勉強してまいりました。
 シドニーでは、「オペラハウス」と「ハーバーブリッジ」を同時に眺めることができる「ミセスマッコリーポイント」からの眺めが最高で、シドニーハーバーに面する象徴的なフォルムのオペラハウスは、その美しい夜景に感動しました。オペラハウスは、1957年から1973年にかけて構築された後期近代建築の傑作で、シドニーの観光スポットとしては外せない場所です。

 しかし最も印象深かったのは、ユーカリの原生林に囲まれ「オーストラリアンアウトバック」と呼ばれる雄大な景観が広がるゴルフ場でのプレーでした。コースのあちこちで野生のカンガルーに遭遇し、大自然の中でゴルフを満喫。一緒にラウンドさせていただいた枝村様、榊様、村橋部長お世話になりました。
 今回雄栄会の海外研修に初参加し、初対面の方や普段現場ではお会いする機会がない方々と色々なお話ができて、たくさんの貴重な体験をさせていただいたことに感謝します。ありがとうございました。


エスパテクノ(株) 石松 秀人

 

 エスパテクノ(株)の石松です。
 若輩者ではございますが、今回初参加させていただきました。
 成田空港に8時30分集合。参加者30名の挨拶はそこそこに早々にチェックイン。出国手続きを済ませ、21時30分頃メルボルンに到着。日本との時差はプラス1時間。
 現地ではパッフィンビリー鉄道に乗車してオーストラリアの自然を満喫。ソウマワイナリーでのボリュームのあるラム肉とワインの昼食を堪能し、チョコレート工場も見学しました。
 メルボルンの市内観光やシドニーでは象徴的建造物である「オペラハウス」の個性的な造りを見学。そこではオーストラリアの名物、ロブスター・オージービーフ・生ガキをワインと一緒に贅沢三昧でした。
 ブルーマウンテンツアーでは、ユーカリの森がどこまでも広がる壮大な国立公園が圧巻でした。ルーラの街では、定番のミートパイとブルーマウンテンコーヒーを堪能。断崖絶壁のリンカーンズロック展望台からのブルーマウンテンズの眺めは「素晴らしい」の一言でした。

 最終日は朝早くチェックアウトし、キングスフォード・スミス国際空港へ。帰りはシドニーからなので行きより1時間30分ほど早く到着。
 最後に、日々新鮮なオーストラリアを楽しむことができましたが、何といっても皆様と一緒に旅をし、コミュニケーションを図り、とても意義のある時間を過ごせたことが良い経験となりました。幹事様お疲れ様でした。




雄栄会の歴史、あらまし
 昭和45年(1970年)当社に資材供給をしている取引業者の親睦会として発足。(※当初は「東京雄栄会」) パートナーシップによる共存共栄とお互いが義務と責任を果たす事を基本理念とし、信頼と協調をスローガンに現在に至る。〔現在会員数30社〕
 会員相互の懇親のため、5年毎に海外研修を実施。
今回は、7回目となる。

令和元年度雄栄会役員
相談役 : 小島 兼芳[ ( 株)雄電社 ]
名誉会長: 小島 兼隆[ ( 株)雄電社 ]
会  長: 神山 欣也[ 海光電業(株) ]
副会長 : 石塚 英明[ ( 株)雄電社 ]
幹  事: 守谷 承弘[ 因幡電機産業(株) ]
幹  事: 茂泉 勝弘[ 古川電気工業(株) ]
幹  事: 伊谷 一人[ ホーチキ(株) ]
幹  事: 滝澤 健雄[ ミツワ電機(株) ]
幹  事: 往田 利郎[ ( 株)雄電社 ]
幹  事: 佐藤 信光[ ( 株)雄電社 ]
幹  事: 矢部 良雄[ ( 株)雄電社 ]
会計監事: 大橋 正身[ 外山電気(株) ]
会計監事: 畠  尚司[ ( 株)雄電社 ]
事務局 : 村橋 元治[ ( 株)雄電社 ]

ページの先頭へ戻る

投稿一覧