• トップ
  • 私の元気の源「越谷」(環境の変化)

雄you遊

112号

リレーエッセイ

私の元気の源「越谷」(環境の変化)

北関東支店 支店長 萩原 正

2018/10/01

 私の元気の源は今住んでいる埼玉県の「越谷」です。
 越谷は昔の日光街道の宿場町の一つで越ケ谷宿として栄えた町。人口約34万人で埼玉県内4番目の都市になります。
 現在の自宅に住んで、早13年になりますが、実は私の生まれは、大阪府東大阪市で関西生まれです。その後、岐阜県、愛知県と移り住み、就職後は神奈川県、東京都、埼玉県と、本州の北の方に移っていっています(大学は名城大学)。おかげさまで大阪弁、名古屋弁も話せます。引っ越しの回数も多く、就職前で15回以上、転校は3回しております。
 今まで1箇所に長期に居た感覚がなく、今の自宅に13年もいる理由は住みやすく、やはり自分に合っているということでしょうか。雄電社でも北関東支店に異動して、早8年目になります。
 自宅の近くには結構名所があり、宮内庁埼玉鴨場、元荒川の桜並木、梅まつりなど、すべて徒歩15分圏内の良い散歩コースです。また、日本一大きなショッピングセンターの越谷イオンレイクタウンへも頻繁に出かけます。夏には毎年、南越谷阿波踊り、越谷花火大会が開催され、常に季節感と元気をいただいています。
 また、近くには元荒川が流れ、休日には、1時間くらいのウォーキングを楽しんでいます。
 人生、何があるかも知れず、誰しも環境の変化は発生し、突然来るかもしれません。
私も来年の12月の誕生日で60歳となりますが、まだまだ環境の変化があると思います。
 皆さんも、環境の変化のためにその覚悟と自分のスキルを常に高めていることが肝要だと思いますし、私も常にそのことを自分に言い聞かせて、毎日を楽しんでおります。
  

ページの先頭へ戻る

投稿一覧