• トップ
  • 千代田区神田駿河台2丁目計画

雄you遊

111号

現場Report

千代田区神田駿河台2丁目計画

眺望も設備も素晴らしいハイグレードマンションが、神田駿河台に誕生!

【第一工事部 主任】 喜屋武 龍太

2018/07/02

 今回の現場は、三井不動産レジデンシャル㈱の高級マンションシリーズである「パークコート千代田駿河台」。JR中央線のお茶の水駅と水道橋駅のほぼ真ん中に位置しています。
 建物概要は、地上18階・地下1階建て。地下1階が各機械室関係、1階は共用施設、2階から上が住戸、屋上にキュービクル、発電機その他の設備機器設置という構成です。
 高台に位置し、住戸からの眺望も良く、東京ドームや東京タワー、スカイツリー、天気の良い日には遠く富士山も望めます。
 現場は一人で担当していたので、打合せ会議、図面・書類作成、搬入、チェック・写真撮り、職長会等をなるべく時間の無駄がないよう進めるようにしていました。階数も高いので上階へ上がった時に搬入や打合せで呼ばれないよう自分なりのタイムスケジュールを決めて動いていました。
 規模はそれほど大きくないものの、充実した設備のため、幹線ケーブルも太く、EPS内の納まりや地下階の天井ラックのルートや盤の納まり、設備との取合いにはとても苦労しました。

 また、敷地が狭いがゆえに重量物搬入にも大変苦労し、250SQの幹線ドラムや屋上機器の搬入地下階への開閉器盤の搬入等は前に綿密な計画を立て、物理的も安全的にも間違いのないよう、細心の注意を払って当日の作業に挑みました。それでもやはり予想外なトラブルは多々あり、協力会社の㈲フジデンのベテラン職人さんたちにも助けていただいて、なんとか諸問題をクリアすることができたと思います。
 最盛期には盛田一樹、根本拓海、小林晃雅という将来有望な若手にも応援に来てもらい、彼らの溢れるパワーとユーモアで昼も夜も一丸となって、乗り切ることができました。
 竣工まであとわずかとなり、現場作業もほぼ完了し、あとは書類と図面のまとめとなりました。最後まで気を抜かずに残作業に努めたいと思います。

【建築概要】
●概要:RC(一部S造)、地上18階地下1階
●敷地面積:800.31㎡
●建築面積:482.14㎡
●延床面積:5,820.07㎡
●戸数:50戸
●電気設備概要:受変電設備、自家用発電設備、幹線設備、動力設備、電灯コンセント設備、照明器具設備、
電話設備、放送設備、インターホン設備、監視カメラ設備、テレビ共同聴視設備、自動火災報知設備、
防火防煙制御設備、雷保護設備、棟内LAN設備

●施主:三井不動産レジデンシャル㈱
●設計:戸田建設㈱一級建築事務所
●施工:戸田建設㈱東京支店
●協力工事会社:㈲フジデン

ページの先頭へ戻る

投稿一覧