• トップ
  • 第54回 電気工事士技能競技大会レポート

雄you遊

125号

行事

第54回 電気工事士技能競技大会レポート

第一工事本部 直営課 柴﨑 満

2022/01/01

  

 2021年11月2日(火)、東京武道館にて一般社団法人東京電業協会主催「第54回電気工事士技能競技大会」が開催されました。
今回コロナ対策を万全に、会員企業27社の代表44名が競技に参加し、お互いの腕を競い合いました。競技者の平均年齢24歳、平均経験年数4年の中、当社からは丹下芳和君が挑戦しました。
 課題の概要は、3相200V2.2kW誘導電動機排水ポンプの手動・自動運転回路とし、運転ランプおよび警報ランプ、警報ブザーの取り付け、警報ブザーはブザー停止用押釦により鳴動停止とし、サーマル復帰による自動復帰する回路とするものでした。また、災害発生などを想定した常用電源から非常用電源への切替えが行えるよう切替カバースイッチ(DT)を設置するという課題でした。
 競技時間3時間。点数は出来栄え、誤結線、題意相違、機材寸法、配管、ケーブル、電線接続、一般事項、作業時間などの採点項目から判断されます。
 今大会の出来栄えは全体的に良好でしたが、配管の浮きと器具入線部不良が多数出ており、多くの競技者に指摘が書かれていました。
 丹下君は2時間49分で終了し、“今年は特別賞か?!”と期待をしていましたが、入賞はできませんでした。いかに早く綺麗に取付けするかだけではなく、取付後の確認作業の仕方が今後の課題となりました。
 大会出場のためにご協力、応援していただいた皆様、大変ありがとうございました。次回は特別賞入賞を目指して頑張るぞ!
 
  技能賞受賞
おめでとう!

ページの先頭へ戻る

投稿一覧