雄you遊

119号

現場Report

南烏山病院移転プロジェクト

地域の方々から注目され、期待が高まる中、無事竣工!

【第一工事本部】主任 新堂 功弥

2020/07/01

 今回の現場は、京王線千歳烏山駅東口から徒歩8分の、医療法人社団緑眞会「世田谷北部病院」です。現場名は南烏山病院移転プロジェクトであり、その名称の通り、千歳烏山駅から徒歩1分にあった医療法人社団緑眞会「世田谷下田総合病院」の移転・新築工事でした。
 この6月から新たに診療をスタートした世田谷北部病院では、内科、消化器科、整形外科、眼科、救急、入院、健康診断、人間ドック、睡眠時無呼吸症候群、さらには在宅診療など多岐にわたる診療項目を掲げています。工事中は、各種医療機器業者との打合せをはじめ、病院内レイアウトや各部屋に必要な電源・LANや電話等の配置・別途工事業者との調整など細かい打合せを何度も行いました。その都度、現場や図面と照らし合わせて間違いが無いよう、絶えず気を配り、図面や現場に反映するのに苦労しました。

 工事中は、「ここが下田病院さんの移転先ですか?」、「いつオープンするんですか?」など通りかかる方に質問されたり、遠くから来る方もいて、とても期待をされている現場なんだと実感し、良い建物にしようという気持ちが一層強くなりました。
 病院に入ると大理石の受付カウンター、間接照明、6mの吹抜け・ステンドグラスが目に入り、とても明るく清潔感と高級感のある空間になっています。建物は地上3階建て。1階は外来診療、2・3階は病棟・手術室・リハビリテーション室などがあります。
 建設中に新型コロナウイルスの感染が世界的に流行し、機器や資材が品薄になるなどの影響を受ける中、現場全体が感染予防と工程の調整を行い、一人の感染者も出さず竣工・引渡しを迎えられたのは、何よりだったと思っています。世田谷北部病院関係者様への説明会では全員が笑顔で新しい病院を確認されていて、この工事に携われて本当に良かったと思いました。 
 
【建築概要】
●概要:RC造、地上3階
●敷地面積:2,261.05㎡
●建築面積:1,315.50㎡
●延床面積:3,529.65㎡
●病床数:90床
●電気設備概要:
受変電設備、非常用発電設備、幹線動力設備、電灯コンセント設備、非常照明・誘導灯設備、電話・LAN設備、
テレビ共聴設備、インターホン設備、放送設備、待合呼出設備、ナースコール設備、自動火災報知設備、
監視カメラ設備(機器別途)、電気錠設備

●施主:㈱佐藤ビルディング
●設計:㈱北澤建築設計事務所
●施工:㈱佐藤秀
●協力工事会社:㈲竹電社

ページの先頭へ戻る

投稿一覧