雄you遊

117号

特集

S E R I E S 15 初めての現場担当を終えて

2020/01/06

誰しも初めて一人で現場を担当した時のことは一生忘れられないことだと思います。
そこで、振り返っていろいろ語ってもらいました。

苦労しただけ自分の進歩を実感できます。
〈入社3年目〉
第一工事本部
滝沢 真輝
初めてのひとり現場概要
物件名:渋谷区富ヶ谷1丁目新築工事
工期:2018年11月1日~2019年8月28日
工事概要
RC造/地上7階(13戸+診療所)
電気設備概要
幹線設備、電灯コンセント設備、照明器具設備、
動力設備、雷保護設備、LAN設備、構内交換設備、
インターホン設備、テレビ共同受信設備、
自動火災報知設備
初めて現場に入ったときの印象は?
 初めて現場に着いたときは、不安でいっぱいでした。何からすれば良いのか、まったくわからず、ただただ先輩社員の方を質問攻めにしていました。
 特に大変だったのは、定例や業者の方達との打合せでした。初めて聞く専門用語もバンバン飛び出して、先輩に聞いたり自分で調べたり、結構あせりました。診療所のX線室は特殊な設備のため、わからないことが多く、何日もかけて調べたのは勉強になりました。打合せ前の入念な下調べの必要性を強く感じた出来事でした。
 
失敗談はありますか。
 重量物の搬入時に苦労しました。時間がなくて事前の打合せが十分にできず、職人さんには大分苦労をかけてしまいましたが、なんとか納めることができました。感謝しています。事前の打合せの大切さをここでも知ることになりました。
 
苦労続きの中でうまくいったことは?
 どんなに準備や事前打合せをしていても、それで十分と言うことはなく、いつも「こうしておけばよかった」などと、反省することしきりでした。もっと自分に余裕を持ち、広い視野で周りの状況に対応する必要性を強く感じました。今回の経験で感じたことですが、上に立つ人が何をしたいのか、何を求めているのかが、少しわかるようになった気がします。職人さんも私に何を期待しているのかが、いろいろ話しているうちに少し理解できるようになったと思うので、次からは職人さんの仕事がスムーズに進められるような環境を前もって整えていきたいと思います。
 また、竣工後オーナー御家族に慰労会を開催していただいた事、心より御礼申し上げます。
 
これからも一人現場を担当したいですか?
 ぜひまたやりたいです。周りの人に頼らず、今回の経験をどこまで活かして一人で頑張れるか、ぜひ自分を試してみたいと思います。若手の皆さんも、ぜひ一人現場を持たせてもらえるチャンスがあったら、チャレンジしてください。その先には、大きく進歩した自分がいると思います。今回一人現場を持たせてくれた会社と先輩の皆さんに感謝いたします。


初めての現場担当、自己採点は 65点

ページの先頭へ戻る

投稿一覧