雄you遊

78号

巻頭言

80周年に感謝

社長 小島 兼隆

2010/07/02

入社員諸君、入社おめでとう。
君たちが選んだ雄電社へようこそ、
われわれは諸君を心から歓迎します。

 創業者小島兼雄は、電気工事の技術と人を動かす技量を認められ、昭和5年に雄電社を創業しました。会長小島兼芳は、昭和31年、大学の卒業と同時に入社し、今まで職人体質だった会社を組織化し、経営の理念を確立しました。
 創業80周年を迎えて、この間幾多の困難もありましたが事業を続けてこられたことは、先人たちが一つひとつ積み重ねて来た、『信用』がバックボーンとなり、皆様に支えられて今日があると深く感謝申し上げます。

 10年前、社長に就任する時、業界のある方から、『君は我々と違って、会社は家業だから、このさき辞めることはできないぞ。』と言われたことが、今でも心に強く残っています。その後も、いろいろな方から『もう少し景気の良い時に、社長に就任されたほうが良かったのでは。』と言われましたが、『家業ですから、いつバトンを受けても同じです。』と、自信を持ってお答えできるようになりました。
 この10年間もそうであった様に、会社を取り巻く経営環境は、世の中の情勢とともに変化をしていきます。突然の逆風は、景気だけでなく、顧客の要求内容の変化や法令改正への対応なども考えなくてはなりません。時代に合った対応を、素早く、的確に行なわなければ、生き残る事は難しくなります。
 
 今、80周年を迎えた私たちは、お客様やお取引先、会社を築き上げた先人たちに感謝をするとともに、目先の業績の良し悪しに一喜一憂するのではなく、10年先、20年先の未来を見据えて進んでいかなければなりません。常に顧客満足とそこに働く社員満足が一致する経営を目指し、『社業でなくて、家業』として、社員一人ひとりが、『すべてのお客様に満足を提供する』という想いを強く持ち、心が通い合う信頼関係を築き上げたいと考えています。
 
 最後に、今月から80周年の記念事業として、①第7次海外研修旅行の実施、②80周年記念誌の刊行、③記念パーティーの開催などを実施してまいります。これらの事業を通じて、80周年という節目の年を迎えられた事に、改めて感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る

投稿一覧