• トップ
  • 日本大学藝術学部江古田キャンパス

雄you遊

113号

現場Report

日本大学藝術学部江古田キャンパス

日本大学藝術学部創設100周年を記念した新たな校舎が誕生。

【北関東支店 主任】 八巻 義

2019/01/07

 当現場は、西武池袋線江古田駅徒歩3分、近隣には日本大学藝術学部の他にも、武蔵野音楽大学や武蔵大学があり、地域ぐるみで音楽祭を開催するなど、芸術的・文化的な街です。
 今回は日本大学藝術学部の敷地内で新校舎を建設する工事が主ですが、改修工事として、新築に伴う既存配線の盛替え、夏休み期間中の既存棟一部改修工事も行いました。新校舎は一般教室がメインの建物でしたが、お客様が使用されている既存施設に関わる改修工事がありましたので、既存設備に影響がないよう計画的に工事を進めるのに、非常に神経を使いました。また、すべての教室にAV設備があり、壁はすべて防音仕様で、音響面にこだわった建物となっています。
 狭い敷地の中で地上4階地下2階の工事でしたので、工程の中で根切と地下躯体工事の期間が長く、内装工事の期間が短かく、いかに先行配線をしてゆくかが重要でした。非常にタイトな工程でしたが、内装工事に遅れることなく、常に先行して工事を進められたのは、協力会社の皆さんに助けられた部分がかなり大きかったと思っています。

 今回初めての一人現場でした。工期が2年近くあり、打合せ・図面作成から現場の管理まで一人で対応してきましたので、非常に大きな経験になりました。ただ、改修工事の時期や竣工前は私だけでは対応しきれず、支店の先輩方に応援に来てもらうことになったので、その点は自分の力不足を実感しました。
 五十嵐貴光課長の指導と協力会社の皆さんに助けられ、現在まで大きな問題もなく進めてきました。竣工まであとわずかですが、最後まで無事故・無災害で頑張りたいと思います。

【建築概要】
●概要:S、SRC造、地上4階地下2階
●敷地面積:3,163.27㎡
●建築面積:835.91㎡
●延床面積:4,403.17㎡
●電気設備概要:屋外キュービクル(1φ3W200-100V150kVA、3φ3W200V動力500kVA)幹線設備、接地設備、
           動力設備、電灯コンセント設備、電話設備、情報設備、テレビ共聴設備、トイレ呼出設備、
           インターホン設備、放送設備、自動火災報知設備、ITV設備

●施主:日本大学藝術学部
●設計:松井建設㈱東京支店
●施工:松井建設㈱東京支店
●協力工事会社:橋田電気㈱、㈲ノモト建設

ページの先頭へ戻る

投稿一覧