雄you遊

112号

現場Report

青葉区大町2丁目計画

杜の都・仙台に眺望絶佳のタワーマンションが完成しました!

仙台支店 課長】 村上 洋一

2018/10/01

 今回の現場は、宮城県の仙台駅から地下鉄東西線で1.8キロ西の「大町西公園駅」下車、そこから徒歩1分に位置するパークホームズ仙台大町 ザ レジデンスです。
 周りを見渡すと、駅を挟んで西側に、お花見のメッカでもある西公園、広瀬川があり、東側には、仙台中心部のビル群や青葉通のケヤキ並木、そして遠くには太平洋を見ることができるなど、中心部に近い場所にもかかわらず緑の多い、まさに「杜の都・仙台」そのものと言えます。
 本物件は、この眺望がセールスポイントでもあるようで、販売開始と同時に高層階の部屋から売買契約が成立していったと聞いています。
 西公園は1875年(明治8年)に桜ケ岡公園として開園。旧仙台藩武家屋敷の跡地を収用したとのことです。また、そばを流れる広瀬川の川底には深い穴(水牢)が掘られており、「仙台キリシタン殉教碑」につながる悲しい話もあり、歴史を感じる所でもあります。
 本物件は、メニュープランとオプションが多く、図面作成には苦労しましたが、本店から仙台支店に異動された丹野靖也副長に途中から加わってもらい、住戸部分の施工図、91戸182枚をお願いすることになりました。私と比べ、より的確かつスピーディーに作図してもらい、とても助かりました。

 問題は外構工事でした。建築の着手が遅れたこともありますが、地中障害や雨でたびたび工事がストップし、最後の最後まで検査予定が立たず苦労しました。建築会社の皆さんも狭い敷地内での外構工事とタワークレーンの解体等、電気及び設備工事の作業調整に大変苦労されていました。
 こうした苦労の連続でしたが、現場に関係するすべての会社の皆さんのおかげで、私たちの仕事も何とか無事に竣工を迎えることができ、お世話になった皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

【建築概要】
●概要:RC造、15階
●敷地面積:1,584.68㎡
●建築面積:908.36㎡
●延床面積:9,623.86㎡
●戸数:91戸
●電気設備概要:東北エネルギーサービスによる一括受電
専有部:電灯200kVA×3、
共用部:電灯100kVA×1、動力150kVA×1、1階に店舗(ヤナセさんが入居)
幹線設備、外構設備、電灯コンセント設備、動力設備、テレビ共同受信設備、自動火災報知設備、昇降機設備、
雷保護設備、太陽光発電設備

●施主:三井不動産レジデンシャル㈱
●設計:三井住友建設㈱一級建築士事務所
●施工:三井住友建設㈱
●協力工事会社:㈲まさか電気、協和電気㈱、ニッタン㈱、神田通信機㈱

ページの先頭へ戻る

投稿一覧