• トップ
  • 茅ヶ崎市民文化会館耐震補強及び改修工事

雄you遊

112号

現場Report

茅ヶ崎市民文化会館耐震補強及び改修工事

かつて先輩達が手がけたレガシー工法が息づく現場を、現在の工法で見事に改修!

【横浜支店 副長】 高橋 政夫

2018/10/01

 今回の現場はサザンオールスターズや加山雄三氏など、多くの著名人を生んだ茅ヶ崎にあり、茅ヶ崎市役所の真向かいに位置します。当現場は当社が38年前に施工した物件であり、古川支店長(黄金世代?)が新入社員の時、そして私が生れた年に竣工している物件なので、過去に挑戦するような気持ちでこの大規模耐震改修工事に臨みました。発注元は茅ヶ崎市。当社の横浜支店と地元で有名な㈱弘電社とのJVでした。文化会館なので周辺住民が注目する中での施工です。
 本工事は既存の外部躯体を残して内装をすべて一新するので、まずは内部撤去工事ら。その後、建築耐震躯体工事から内装仕上げの順で施工となり、撤去工事と新築工事で現場2つ分の工事をしました。苦労したのは、既存躯体が中々貫通できず、現場調査をしながら施工図を直す作業に多くの時間を割かれた点です。新築したのが昔なので、CAD図などなく、建築自体も現場を実測して施工図を起こすため、工期が遅れて最後の追込みに大変苦労しました。また、大小2つのホールがあり、器具のビビリ音防止の施工など、音響に気を使っての工事となりました。

 途中、くじけそうになりながらも、副社長の号令のもと、本店の営業、工事、CAD部や他現場の方々など、たくさんの応援をいただき、無事竣工を迎えることができました。また、JVパートナーである㈱弘電社の仕事の進め方は参考となる点が多く、改めて関係者の皆さんに厚く御礼申し上げます。
 余談ですが、撤去工事中に38年前の施工状態を見ましたが、すべて金属管で施工されており、工期が無い中よくこれだけの仕事を行ったなあと感心しました。凄いですね。PF管があってよかったぁ!

【建築概要】
●概要:RC造、地上4階、PH1階
●敷地面積:9,757.90㎡
●建築面積:5,889.75㎡
●延床面積:10,622,34㎡
●電気設備概要:自家用受変電設備(1階、3階)1Φ3Wトランス計575kVA、3Φ3Wトランス計1800kVA
発電機400KVA×1台 燃料埋設タンク6000ℓ、幹線・動力・電灯コンセント設備、電気時計、音響設備、誘導音声、放送、
自動火災報知設備、避雷針設備、監視カメラ設備、インターホン設備、呼出設備、電話設備、テレビ共同聴視設備、
大ホール、小ホール照明工事
別途:舞台照明、舞台音響、舞台機構設備

●施主:茅ヶ崎市
●設計:㈱A&T建築研究所
●施工:大成建設㈱ 横浜支店
●協力工事会社:㈱荏原電設、㈲植田電工土木、㈱昭興

ページの先頭へ戻る

投稿一覧