雄you遊

106号

リレーエッセイ

リニアモーターカー

営業本部 設計部 部長 小長谷 桂

2017/04/01

 リニアモーターカーの時速500kmの世界を体験したく、現在建設中のリニア中央新幹線の試乗会に応募し、運よく当選し試乗体験をする事が出来ました。
 試乗場所は山梨実験センターで、その横には山梨県立リニア見学センターがあります。そこはリニアモーターカーの歴史や実物の試験車両を見ることが出来ました。
 リニアモーターカーの研究は今から半世紀以上前、東海道新幹線の開通前から始まっていました。東海道新幹線のスピードに満足せず、更に早い乗り物の開発を新幹線の開業前から始めていた事に驚きました。

 

 また、見学センターの横にはリニアモーターカーの実験線あり、時速500kmで通過するリニアモーターカーをガラス越しに見る事ができ、12両編成の車両が一瞬で目の前を通り過ぎて行きました。
 一通り見学し、ついにリニアモーターカーに試乗する事になりました。リニアモーターカーの乗り場は駅のホームという感じでは無く、飛行機の搭乗口の様な感じでした。
 いよいよ出発、時速150km位まではタイヤ走行。それ以降は浮上走行に切替わります。タイヤ走行から浮上走行に切替わる際や、浮上走行からタイヤ走行に切替わる際に飛行機の離陸・着陸時と同じ様な感覚になるのかと思いきや、Gをほとんど感じる事は無く、座席にシートベルトがないのも納得でした。
 少し残念だったのは試乗区間のほとんどがトンネル区間で、外の景色は一瞬しか見る事が出来ませんでした。もう少し時速500kmで通過する外の風景を見たかったです。
 リニアモーターカーの開業まで順調に進めば後10年、開業した時にまた乗ってみたいと思います。
 その頃には更に早い次世代の乗り物の開発が始まっているかも…
 

ページの先頭へ戻る

投稿一覧