雄you遊

102号

85周年記念 第8次海外研修

フィンランド

2016.1.14~1.19 4泊6日

2016/04/01

社報99号から掲載がスタートした第8次海外研修レポートは、今回の4コースでフィナーレです!!
第8次海外研修は、17コース327名の参加となりました。次回、90周年を目指して前進して行きましょう。





参加メンバーからの一言コメント
●初日は1日かけてヘルシンキへ移動。2日目、昼はスノーモービル、夜はオーロラハンティングへと、北欧の冬を満喫。街を散策したり、観光もたっぷり楽しみました。 (駒崎 光俊)
●初の海外研修。仕事でクタクタのまま、飛行機の中で爆睡しながらヘルシンキへ。犬ぞりでは、犬がバテたので自分で押して、まさかの汗だくになりました。 (鶏冠井 智一)
●冬のヘルシンキはとにかく寒い!というのが第一印象。オーロラ観測は、バスで観測所まで行きましたが肉眼では見えないのにカメラにはきれいに写っていました。 (浅谷 和美)
●4泊のうち3泊はフィンランド北部のサーリセルカという街。ここではクロスカントリースキーを中心に楽しみ、辺り一面雪一色の景色を楽しみながら滑りました。 (北澤 剛)
●犬ぞりは乗っていれば良いのかと思ったら、思いのほかハード。体重移動や後方への合図、登り坂では犬と一緒にソリを漕いだりと、楽しくもいい経験になりました。 (堀 翼樹)
●「スノーモービルロングサファリ」に初挑戦。雪原を時速70キロ以上で走るのは爽快。冷え切った身体をスープで温め、お腹いっぱいに。全員無事で何よりでした。 (柴崎 満)
●成田から9時間でヘルシンキ。そこからイヴァロ空港へ1時間半。翌朝の気温は-14度。犬ぞりやオーロラなど、北欧ならではのアクティビティを満喫しました。 (小池 京介)
●北欧の街は日本と違って日中でも氷点下の世界。小屋の外で火を囲みながら眺めた雪景色や川面に映る月や星明かりなど、心に残る素晴らしい体験と観光ができました。(大塚 祐見子)
●生涯で初のオーロラに期待して、夫婦で参加。肝心のオーロラは、カメラにうっすら写っただけで、肉眼では見られなかったのが残念。ぜひ再チャレンジしたいです。 (中西 儀光)
●こんな機会でもないとフィンランドなんて一生行けないと思って、母と参加。予定も入れずゆっくり市内観光に出掛けたり、食事を楽しんだり。親孝行ができました。 (村上 薫)
●妻の「オーロラが見たい」という希望でツアーに参加。2日目の自由行動では妻とスキーにチャレンジ。3日目は長距離バスでサンタクロース村へ。オーロラは残念! (宜野座 盛安)

ページの先頭へ戻る

投稿一覧